【どちらがお得?】エコキュートとリンナイのエコジョーズを徹底比較|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし 【どちらがお得?】エコキュートとリンナイのエコジョーズを徹底比較

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年7月8日

【どちらがお得?】エコキュートとリンナイのエコジョーズを徹底比較

給湯機の画像

エコキュートとリンナイのエコジョーズは同じ給湯器ですが、使用する燃料が異なるため、性能も大きく変わってきます。

この記事では、エコキュートとエコジョーズの性能を比較したうえで、それぞれの注意点を解説します。
この記事を読むことで、自分の生活にはどちらが適しているのか理解することができ、後悔しない選び方をできるようになるので最後までご覧ください。

エコキュートとエコジョーズを徹底比較

エコキュートとエコジョーズは、どのような違いがあるのでしょうか。以下の表にまとめました。

エコキュート エコジョーズ
燃料 電気 ガス
導入コスト 高い 安い
ランニングコスト 安い 高い
サイズ 大きい 小さい
安全性 安全 不完全燃焼のリスク有り
耐用年数 約10~15年 約10年
災害時 非常用水として使える 使えない

この表を基にして、エコキュートとエコジョーズの違いについてさらに詳しく解説します。

性能の比較

エコキュートは「電気」を使用するのに対し、エコジョーズは「ガス」を使用することでお湯を作ります。

エコキュートは深夜電力で外の空気を温め、その発生した熱で水を沸かします。作られたお湯は貯湯タンクに入れられて、日中に利用されます。
エコジョーズは一度使われた排熱を再利用してお湯を作ります。そのため、燃焼量を多くするほど、効率よくお湯を作れる特徴があります。

導入コストの比較

導入コストは、エコジョーズの方が安いです。
以下の表は4人家族用のエコジョーズ、エコキュートを購入した時の相場の導入費用です。

本体価格 設置工事 合計価格
エコジョーズ 約20万円~35万円 約5万円 約25万円~40万円
エコキュート 約30万円~70万円 約15万円 約45万円~85万円

エコキュートは本体価格が高いものが多く、設置工事も地面の補強などが必要なため、価格が高くなる傾向があります。
業者によって値段の差は出てきますが、導入コストはエコジョーズの方が安くできることがわかります。

ランニングコストの比較

費用の支払いを行うイラスト

https://www.shutterstock.com/ja/image-vector/illustration-japanese-yen-calculator-wallet-imagined-1658206330

ランニングコストは、エコキュートの方が安くなります。

以下の表は、エコジョーズとエコキュートの給湯に関わる年間の光熱費です。
エコジョーズは、プロパンガスの使用を推定しています。

世帯人数

(給湯使用エネルギー量)

1人

(9GJ)

2人

 (14GJ)

3人

(17GJ)

4人

 (18GJ)

5人

(19GJ)

6人以上

(22GJ)

エコジョーズ 54,700円 69,900円 81,200円 82,800円 86,600円 99,300円
エコキュート 18,800円 28,500円 33,800円 35,800円 37,800円 43,800円

(出典:https://standard-project.net/smarthouse/water-heater/)

エコキュートは電気代が安くなる深夜帯に給湯を行うので、光熱費の節約につながります。
それに対し、エコジョーズはお湯を使用する度にガスを必要とするので、光熱費が高くなる傾向があります。

耐久年数の比較

耐久年数はエコジョーズの方が短いですが、使用頻度や環境によって変わるので注意しましょう。
耐久年数はエコジョーズが約10年に対して、エコキュートは約10~15年といわれています。

しかし、エコキュートは一般的に外に設置するため、寒冷地などでの使用で寿命が変化することもあります。
ですので、エコキュートとエコジョーズの耐久年数は参考程度に抑えておく方が良いでしょう。

設置スペースの比較

エコジョーズは、エコキュートの約10分の1のサイズなので、エコキュートより設置スペースを必要としません。
ここまで、エコキュートとエコジョーズの違いを解説しました。
次の項目では、エコキュートとエコジョーズに向いている人について解説します。

エコキュートが向いている人

イラスト お風呂 勝者 セレブ

エコキュートに向いている人は、以下の通りです。

  • 光熱費を節約したい人
  • オール電化住宅を考えている人
  • 災害時でも安心して使用したい人

光熱費を節約したい人

エコキュートは、電気が安くなる深夜帯にお湯を沸かすので光熱費を安くすることができます。
年間の電気代を節約したいと考えている人には、エコキュートの購入が向いています。

オール電化住宅を考えている人

オール電化とは、調理・空調・給湯などの熱源を全て電気にすることです。
オール電化は、ガスを使わないため安全であり、夜間電力を使用するものもあるため、電気代のコストを下げることができます。

エコキュートで給湯を行うときは電気を使用するため、オール電化住宅を考えている人にはさらに向いています。

災害時でも安心して使用したい人

エコキュートは災害で断水した場合でも、お湯を使用することができます。
お湯を貯めるための貯湯タンクがついているからです。

また、ガスを使用しないため災害時の火災のリスクもなく、安心して設置することができるメリットもあります。

リンナイのエコジョーズが向いている人

次に、リンナイのエコジョーズが向いている人について解説します。
エコジョーズが向いている人は以下の通りです。

  • お湯を切らす心配をしたくない人
  • 家族が多く、お湯をよく使う人
  • コンパクトに設置をしたい人
  • 初期費用を安くしたい人
  • 昼間にも家族が自宅にいる人

お湯を切らす心配をしたくない人

エコジョーズは、エコキュートのようにお湯を切らす心配がありません。
瞬間式給湯器であるエコジョーズは、お湯を使用するタイミングでお湯を沸かすからです。

そのため、大量にお湯を使い、お湯切れの心配をしたくない人はエコジョーズの使用が向いています。

家族が多く、お湯をよく使う人

エコジョーズは、多くお湯を使用する人ほどお得になります。
というのも、エコジョーズは排熱を再度利用して、お湯を作るからです。

お湯を多く沸かさないという家庭では、エコジョーズの節約効果を実感しにくい可能性が高いです。

コンパクトに設置をしたい人

エコジョーズは、エコキュートと比べてコンパクトに設置することができます。
エコジョーズはエコキュートの約10分の1のサイズで、壁に設置できるものもあるためです。

狭いスペースでも設置することができるので、マンションや都会に住んでいて、大きなスペースがない人に向いていると言えます。

初期費用を安くしたい人

パソコンの前で笑顔の女性の画像

初期費用を安くしたいと考えている人にもエコジョーズはおすすめです。
エコキュートは本体価格でも約30万円からに対して、エコジョーズは18万円前後から購入することができるからです。

また、施工業者さんによって割引をしてもらえることも多いです。
初期費用を安くしたいと考えている人は、複数の見積もりを取るようにしましょう。

昼間でも家族が自宅にいる人

昼間でも家族が自宅にいる家庭は、エコジョーズにするのがおすすめです。
エコキュートを使用する時は電気代が昼間に高く、深夜に安くなるプランに契約するのが一番の節約になります。

しかし、昼間に電気を使用した場合、その節約効果は実感しづらくなってしまうでしょう。
昼間でも電気を使う家庭なら、ガスで使用ができるエコジョーズの方が向いていると言えます。

エコキュートの使用の際に注意すべきこと

次に、エコキュートの使用の際に、どのようなことに注意すべきなのか解説します。
以下の内容がエコキュートの注意点です。

  • お湯切れをすることがある
  • 冬場にお湯が出なくなることがある
  • 騒音問題が発生することがある
  • 水圧が弱いものもある

お湯切れをすることがある

エコキュートは1日の使用分をタンクに貯めておくので、お湯切れをすることがあります。
お湯が切れた後に、沸騰させることも可能です。
しかし、昼間に電気を使うことで、光熱費が高くなります。
また、お湯が沸くまで30分ほど待たなければいけません。

エコキュートのせっかくの節約効果が、沸きましを行うことで無くなってしまうのです。
そのため、お湯の残量には注意して、お湯を使用しなければいけません。

冬場にお湯が出なくなることがある

エコキュートは、凍結によってお湯が使えなくなる時があります。
お湯の通り道となる、給湯配管やふろ配管が寒さで凍結することがあるからです。

配管が凍結してしまったら、解凍する必要があります。
これに関しては修理業者を呼ぶか、自然解凍を待ったりしなければいけません。

このように、冬の寒さが厳しい地域では、エコキュートの防寒対策や凍結した後の対処を行う必要がでてくることに注意しましょう。

騒音問題が発生することがある

エコキュートは深夜の稼働から、騒音問題となることが多くあります。
エコキュートについているヒートポンプユニットが低周波を発生させるからです。

寝室の近くに設置すると、なかなか寝付けない人や隣人のトラブルに発生することがあります。
ですので、エコキュートを設置する際には、「隣人や寝室から距離を取る」・「防音シートを付ける」などの対策が必要になります。

水圧が弱いものもある

エコキュートは、商品によって水圧が弱いものもあります。
エコキュートは貯湯タンクが水圧で壊れないようにするために、減圧処理を行っているからです。

シャワーをよく使う人にとっては物足りなさを感じることもあります。
近年は高圧給湯タイプも出てきているので、水圧に不安がある人は高圧タイプにするのがおすすめです。

リンナイのエコジョーズの使用の際に注意するべきこと

イラストの夫婦が困っている

では、次にリンナイのエコジョーズを使用する際に、どのようなことに注意すべきか解説します。

  • ドレン排水のための工事が必要
  • エコジョーズから出る排気ガスに注意する
  • ガスの使用量が多くないと節約にならない
  • 10年に1度にエコジョーズの部品「中和器」の交換が必要

ドレン排水のための工事が必要

エコジョーズを設置する際には、ドレン排水のための工事が必要になります。
ドレン排水とは、エコジョーズで再利用する排熱の温度を下げるために発生する水のことを指します。
ドレン排水は酸性の水であるため、そのまま流してしまうと人体や環境に悪影響をもたらします。

ドレン排水は下水道法にしたがって適切に処理する必要があるため、エコジョーズを設置の際には専用の工事を行わなければいけません。

エコジョーズから出る排気ガスに注意する

エコジョーズを購入する際には、エコジョーズの排気口の向きにも注意しなければいけません。

エコジョーズの排気口から出る排気ガスも、酸性だからです。
この排気ガスが家の壁や金属製品に当たってしまうと、腐食や変色の原因にもなります。

そのため、排気口の向きは購入前に確認する必要があります。
改善が難しい場合は、廃棄カバーやアダプターを使用し、排気口の方向を調整する工夫をしましょう。

ガスの使用量が多くないと節約にならない

エコジョーズは、多くお湯を使用しないと節約効果があまり見込めないことがあります。
エコジョーズは使用された熱を再利用して給湯を行い、効率よくお湯を沸かせる仕組みになっているからです。

エコジョーズの導入を考えているなら、普段どれだけお湯を使用しているか把握することが大切になるでしょう。

10年に1度にエコジョーズの部品「中和器」の交換が必要

エコジョーズは中和器という、部品の交換が10年に1度必要になります。
中和器とは、ドレン水を炭酸カルシウムで中和して排出する役割を持っています。

一般的に中和器は10年超えると、炭酸カルシウムが減少し、交換しなければいけなくなります。
交換費は目安となりますが、「出張費・作業費・部品代」を合計した11,000円~16,500円ほどです。

エコキュートとエコジョーズを徹底比較!まとめ

お風呂で笑顔の女性の画像

エコキュートとリンナイのエコジョーズは同じ給湯機ですが、電気かガスを使用するかでかなり性能が変わります。
エコキュートはランニングコストが安く、安全性が高いです。
その一方で、リンナイのエコジョーズは導入コストが安く、コンパクトに設置することができます。

これらを踏まえ、以下のような人がエコキュートの使用に向いています。

  • 光熱費を節約したい人
  • オール電化住宅を考えている人
  • 災害時でも安心して使用したい人

また、以下の人がリンナイのエコジョーズの使用に向いています。

  • お湯を切らす心配をしたくない人
  • 家族が多く、お湯をよく使う人
  • コンパクトに設置をしたい人
  • 初期費用を安くしたい人
  • 昼間にも家族が自宅にいる人

エコキュートとリンナイのエコジョーズは、どちらにも長所と短所があります。
ですので、周りの環境や家庭内でのガス使用量などを考慮したうえで、購入をするようにしましょう。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら