オール電化は給湯器も電気になる?電気給湯器の種類と電気代、おすすめのエコキュートを紹介|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし オール電化は給湯器も電気になる?電気給湯器の種類と電気代、おすすめのエコキュートを紹介

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年11月10日

オール電化は給湯器も電気になる?電気給湯器の種類と電気代、おすすめのエコキュートを紹介

オール電化は給湯器も電気になる?電気給湯器の種類と電気代、おすすめのエコキュートを紹介

家をオール電化にすると、給湯器も電気を使ってお湯を沸かす設備にしなければいけません。

今までガス給湯器を使用していた方からすると、電気給湯器の費用や電気代、使い勝手はどうなのかと気になりますよね。

電気給湯器には種類があり、使用する製品によって電気代に差があります。

この記事では、オール電化住宅で利用できる電気給湯器の種類と費用相場、電気代の目安、おすすめのエコキュートについてまとめました。

オール電化住宅に給湯器の導入を検討している方や交換を考えている方は参考にしてくださいね。

オール電化で利用できる電気給湯器の種類

オール電化の住宅では、ガス給湯器ではなく電気温水器やエコキュートといった電気給湯器でお湯を作ります。

ガス給湯器は熱交換器を加熱して瞬時にお湯を沸かす仕組みでしたが、電気給湯器は違います。

貯水タンクに電気ヒーターが内蔵されていて、沸かされたお湯が給湯器の中に貯水される仕組みです。

オール電化で利用できる電気温水器の種類は、エコキュートと電気温水器の2種類です。

それぞれの特徴をご紹介します。

エコキュート

エコキュートは、ヒートポンプ技術によって空気の熱を利用して、お湯を沸かす給湯器です。

下記の2つの機器で成り立っています。

  • ヒートポンプユニット
  • 貯湯ユニット

ヒートポンプユニットで空気の熱を集めて、その熱を冷媒が運びます。

冷媒は、熱を伝えるための気体です。

冷媒自ら熱を吸収して温度をあげて、その熱を放出することで水に熱を伝える仕組みです。

エコキュートは、電気代が安い夜間にお湯を沸かして、日中は貯湯タンクに貯水されたお湯を使用すると経済的です。

ヒートポンプ式のためエネルギーを使う量も少なく、省エネになります。

電気温水器

電気温水器は、電気を使用するヒーターが内蔵された給湯器です。

水を電気の力で温めるため、エコキュートに比べるとランニングコストが高くなります。

以前まではガス給湯器が主流でしたが、オール電化住宅の普及により、エコキュートと同じように電気温水器の需要も高まってきました。

電気温水器はガス給湯器と同じように瞬時にお湯を沸かすシステムで、貯湯タンクは必要ありません。

また、電気温水器から給湯までの水栓が短く、配管の中にお湯が残らないので配管による放熱ロスを減らせます。

オール電化の給湯器の費用

オール電化重住宅に給湯器を導入するときにかかる費用は、次のとおりです。

  • 本体価格
  • 工事費用

エコキュートと電気温水器を導入する場合の費用相場を表にまとめました。

 

エコキュート 電気温水器
本体価格相場 20万〜35万円前後 10万〜25万円前後
工事費用相場 12万〜15万円前後 7万〜10万円前後
合計 30万〜50万円 17万〜35万円

 

エコキュートと電気温水器の金額の幅は、貯湯タンクの量による大きさや機能によるものです。

同居家族が多いほど容量の大きいエコキュートが必要になり、値段も高くなります。

また、メーカーの定価は上記の金額よりも高額ですが、販売店や施工会社で割引されるケースがほとんどなので、定価よりも安い値段で設置できるでしょう。

オール電化の給湯器は電気代が高い?

パナソニックは、エコキュートの給湯にかかる電気代について、東京電力エナジーパートナーエリアの場合は平均月2,000円と公表しています。

その他の給湯器の年間の電気代を比較してみましょう。

 

給湯器の種類 年間の電気代
エコキュート 約24,000円
電気温水器 約102,000円
ガス給湯器 約78,000円
石油給湯器 約67,200円

※参照:https://sumai.panasonic.jp/hp/2point/2_3.html

 

エコキュートの電気代を比較すると、電気温水器の電気代は4倍も高いことがわかります。

どちらも電気によってお湯を作り出す点は同じですが、発熱の仕組みが異なり、エコキュートの方が省エネです。

給湯器の電気代を節約するコツ

オール電化の給湯器にかかる電気代を節約するコツは、深夜の電気代が安いプランを契約し、深夜にお湯を沸かすことです。

日中は電気代が高いので、日中にいかに電気を使わずに過ごすかがポイントになります。

ただし、電気温水器は瞬時にお湯を沸かすタイプなので、夜間にお湯を沸かして電気代を節約するやり方ができません。

そのため、普段の生活で電気代節約を意識して電気の使う必要があります。

  • 給湯器の設定温度を低くする
  • 追い焚きしない
  • 夏場だけお湯を使う量を減らうす
  • エコキュートに買い換える など

現在、電気温水器をお使いの場合は、エコキュートに買い換えることで長期的に見ると電気代節約になるでしょう。

オール電化の給湯はエコキュートがおすすめ

オール電化住宅に給湯器を設置するときは、やはりエコキュートがおすすめです。

エコキュートの最大のメリットは、お湯を沸かすための光熱費が安くなる可能性があること。

オール電化の家には電気温水器も設置できますが、電気代はエコキュートの方が圧倒的に安くなります。

また、貯湯タンクユニットのお湯を非常時に利用できるのも、エコキュートの特徴です。

飲料水としては使用できませんが、断水が起きたとしても生活用水に困る心配はありません。

一方で、エコキュートのデメリットは、初期費用が高いことです。

販売店や施工業者によって多少料金が異なるので、比較検討してから購入するといいでしょう。

エコキュートおすすめメーカーと人気商品5選

次は、エコキュートのおすすめメーカーと人気商品を5つご紹介します。

エコキュートは種類によって、性能や容量はさまざまです。

  • フルオートタイプ
  • オートタイプ
  • 給湯タイプ

それぞれ機能が異なるので、使用目的に合わせて選びましょう。

三菱電機

三菱電機のエコキュートには、3つのシリーズがあります。

  • P(Premium)シリーズ
  • S(Special)シリーズ
  • A(Assort)シリーズ

Pシリーズは三菱電機のエコキュートの中で最上位モデルです。

機能がすべて搭載されているフルオートタイプで、追い焚き機能も搭載されています。

Sシリーズは、Pシリーズよりも低価格ではあるものの、基本性能がすべて揃っているモデルです。

Aシリーズはさらに価格を下げて、便利機能を省いたモデルです。

追い焚き機能のない給湯専用タイプ手動でお湯張りするエコオートタイプなど、目的に合わせて選択できます。

Sシリーズ

ここでは、人気のSシリーズをご紹介します。

Sシリーズは基本性能が全て揃っているタイプで、給湯スタイルはフルオートタイプのみ。

湯はりや保温、足し湯はフルオートです。

お湯が冷めたときは、手動で追い焚きできます。

Sシリーズにも、三菱電機の人気性能であるバブルおそうじが搭載されています。ばぶるおバブルおそうじは、栓を抜くだけで配管を洗浄してくれる機能です。

マイクロバブルの泡が、配管内に付着した汚れを吸着して、洗剤を使わずに配管掃除ができます。

パナソニック

パナソニックのエコキュートは、2020年度省エネ大賞を受賞しました。

以下3つのクラスに分けられます。

  • プレミアムクラス
  • ミドルクラス
  • スタンダードクラス

プレミアムクラスのエコキュートは、業界トップレベルの性能と多彩な機能を搭載しています。

ミドルクラスは、選択肢が豊富にあり、さまざまなライフスタイルや住環境に対応できるシリーズです。

スタンダードクラスの商品は機能を絞って、コストを抑えました。

Jシリーズ パワフル高圧 フルオート

今回紹介するのは、ミドルクラスの主力商品である「Jシリーズ パワフル高圧 フルオート」です。

AIエコナビやソーラーチャージ、リズムeシャワープラス、ぬくもりチャージなど機能が充実。

ふろ自動や追い焚き、ふろ予約、タンクの沸き増しなどは、アプリから簡単に操作できます。

パワフル高圧給湯の商品で、従来の高圧力型と比較すると約1.6倍のシャワー水圧を体感できます。

ダイキン

ダイキンは、エコキュートのパイオニアともいえるメーカーです。

ダイキンが販売するエコキュートは、次の3種類があります。

  • フルオートタイプ
  • オートタイプ
  • 給湯専用らくタイプ

フルオートタイプは、マイクロバブル入浴や温浴タイムをはじめとして豊富な機能を搭載したエコキュートです。

オートタイプや給湯専用らくタイプには、マイクロバブル入浴や温浴タイムは搭載されていませんが、基本的な機能は備えています。

薄型 パワフル高圧

今回紹介するのは、ダイキンのエコキュートの全ての機能を備えた薄型パワフル高圧フルオートXシリーズです。

薄型パワフル高圧は、スマホと連携すれば外出先からもふろ自動や追い焚き機能を操作できます。

パワフル高圧給湯320kPaにより、お湯はりがスピーディーに行えるのが特徴です。

3階でもパワフルシャワーを体感でき、お風呂やキッチンなど2箇所同時に水を使っても水の勢いは快適です。

よくある水の勢いが弱いという、エコキュートの悩みを解消してくれる商品です。

コロナ

コロナは、エコキュートを初めて発売したメーカーです。

エコキュートの種類は豊富なので、目的やライフスタイルに合う商品が見つかりやすいでしょう。

商品は主に以下の3つに分けられます。

  • フルオートタイプ
  • オートタイプ
  • 給湯専用タイプ

フルオートタイプにはプレミアムエコキュートや高圧力パワフル給湯など、タイプ別にさまざまな商品が販売されています。

コロナのエコキュートの特徴は高効率です。

お湯を「つくる」「ためる」「使う」ことで業界トップクラスの高効率を実現しています。

高圧力パワフル給湯・薄型・省スペース

今回紹介するのは、コロナのおすすめ商品である「高圧力パワフル給湯・薄型・省スペース」です。

一番の特徴は奥行き45cmのスリムサイズで、置き場所に困らないことです。

家の敷地が狭くても、スッキリ設置できるでしょう。

フルオートの高圧力パワフル給湯タイプで、コロナのエコキュートのほぼ全ての機能を備えています。

日立

日立のエコキュートは、以下の4種類です。

  • フルオートナイアガラ出湯
  • フルオートナイアガラタフネス
  • フルオート
  • 給湯専用

日立のエコキュートには、水道直圧給湯という独自機能があり、給水された水を瞬時に沸かせるので、水質を維持したまま給湯できます。

そのため、日立のエコキュートはお湯をそのまま飲めるのです。

水道直圧給湯の機能は、フルオートタイプにしかついていません。

水道直圧給湯 フルオート 標準タンク(ナイアガラ出湯)

今回は日立のエコキュートの特徴である、水道直圧給湯を備えたナイアガラ出湯シリーズをご紹介します。

ナイアガラ出湯は、浴室とキッチンの2箇所で水道を使用しても勢いが衰えないのが特徴です。

また、水道直圧給湯なので3階でもシャワーやお湯はりを使用できます。

まとめ

オール電化の住宅で使用できる給湯器は、電気温水器とエコキュートの2種類です。

「ガス給湯器から電気給湯器に切り替えると、電気代が高くなるのでは?」という懸念もあると思います。

しかし、実際のところは電気給湯器の中でもエコキュートを選択すると、電気代はガス給湯器よりかかりません。

エコキュートは初期費用が高いですが、日々の電気代が安いことから長期的に見ると経済的といえます。

エコキュートを検討している方は、今回紹介したおすすめメーカーと商品を参考にしてくださいね。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら