オール電化住宅にリフォームするメリット・デメリットと事前準備|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし オール電化住宅にリフォームするメリット・デメリットと事前準備

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年12月21日

オール電化住宅にリフォームするメリット・デメリットと事前準備

オール電化住宅にリフォームするメリット・デメリットと事前準備

家庭内の熱源をすべて電気でまかなう「オール電化住宅」は、光熱費が節約できたり、火災のリスクが減ったりとさまざまなメリットがあります。

ガスや灯油を併用している住宅からオール電化住宅にリフォームするご家庭も増えており、地域により差はありますが、今では約10件に1件がオール電化住宅であるといわれているほどです。

この記事では、オール電化住宅にリフォームするメリット・デメリット、リフォームする際の事前準備についてまとめています。オール電化住宅へのリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

オール電化住宅とは

オール電化住宅とは、調理や空調・給湯などといった熱源をすべて電気でまかなう住宅のことをいいます。

オール電化でないご家庭では、お風呂やキッチンでは電気とあわせてガスを使用するのが一般的です。一方、オール電化住宅では、ガスや灯油などを使わないため、電気以外に光熱費がかからなくなるといったメリットがあります。

ただし、ガスを使わないため、ガスコンロやガス給湯器に変わる設備を一式買い揃えなければいけません。

近年、オール電化住宅にリフォームするご家庭は増えており、新築でオール電化住宅を建てる以外に、マンションや中古住宅をリフォームするご家庭も増えています。 

オール電化住宅で使用する主な設備

ここからは、オール電化住宅で使用する主な設備を3つ紹介します。

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、ガスではなく電磁波を使って熱を発生させ、調理する器具です。

ガスを使わず火が出ないため、火災リスクが低い点が特長です。お子様やご高齢の方がいるご家庭でも安心して使うことができます。

また、ガスコンロのように五徳がなく、平らな設計で掃除や手入れをしやすいこともポイントです。

IHクッキングヒーターが出たばかりの頃は、「ガスよりも火力が弱い」といわれることもありましたが、ガスコンロよりも熱伝導率は高いといわれています。

そのため、光熱費を削減できる可能性が高く、エネルギー効率の面でも注目されているのです。

ガスコンロとIHクッキングヒーターの比較について、こちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

【オール電化】ガスコンロとIHどっちがいい?メリット・デメリット、料金を徹底比較!

エコキュート・電気温水器

貯蔵用のタンクを用意し、くみ上げた水を電気の力で沸かすのがエコキュートや電気温水器です。

エコキュートはヒートポンプ技術を使って、電気温水器は電気ヒーターを利用してお湯を沸かします。

現在では、オール電化住宅にはエコキュートを導入することが一般的です。エコキュートは貯湯式の給湯器で、電気温水器よりも少ない電力量で効率的にお湯を沸かすことができるためです。

非常時はタンク内に貯めたお湯や水を使うこともでき、非常用の生活用水としても役立てられます。

エコキュートの設置価格については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

オール電化住宅のエコキュート設置価格はいくら?工事費込みの値段や内訳を紹介

床暖房

オール電化住宅の場合は、エコキュートのお湯を利用する「温水式電気床暖房」との相性が良いといわれています。温水式の他には、電気ヒーター式やPTCヒーター式のものがあります。

床暖房をガスで利用しているご家庭は、リフォームの際に床暖房も入れ替えなければいけません。

床暖房はオール電化住宅に必須の設備ではないものの、近年、リフォームする際に導入するご家庭も増えています。

オール電化住宅にリフォームするメリット

オール電化住宅にリフォームすると、主に下記のようなメリットが得られます。

  • 光熱費を削減できる可能性がある
  • 光熱費の管理がしやすい
  • 火災リスクを減らせる
  • 災害時の復旧が早いことが多い
  • 太陽光発電との相性が良い
  • 火災保険が割引になることがある

それぞれ詳しくみていきましょう。

光熱費を削減できる可能性がある

ガスと電気を併用するご家庭では、ガスと電気それぞれ使用した分の料金にプラスして、基本料金がかかります。

オール電化住宅にすれば、電気代だけになるため、ガスの基本料金はかかりません。

電気代は、需要の少ない夜間の時間帯に安くなるといった特徴があります。この特徴をうまく利用してお湯を沸かしたり貯めたりできるのが、オール電化のメリットです。

電気代が高い時間帯であっても、安い時間帯に沸かしたお湯を使うことができるため、電気代の節約につながります。

しかし、電気を使用する時間帯は各家庭によって異なります。もし昼間に電気をたくさん使うご家庭の場合は電気代が高くなる可能性もあるため、注意が必要です。

光熱費の管理がしやすい

オール電化住宅にすると、光熱費が電気に一本化されるため、管理がしやすくなります。ガスや灯油などと併用していて、光熱費の管理が面倒に感じている方もいるのではないでしょうか。

オール電化にして光熱費を一本化すれば、電気代の高い・安いだけを管理すれば良くなり、高くなった理由も把握しやすく、節約にもつなげやすくなります。

火災リスクを減らせる

オール電化住宅にリフォームすると、家の中で火を使う機会が少なくなり、火災リスクを減らせます。それだけでなく、ガスを使用しないため、ガス漏れや一酸化中毒などのリスクもなくなります。

お子様やご高齢の方がいるご家庭にとって、火を使わないことは、安全面でもメリットとなるでしょう。最近では、自身の老後のことを考えて、オール電化住宅にリフォームされる方も多くいらっしゃいます。

災害時の復旧が早いことが多い

日本は地震や台風などの災害が多く、ライフラインがストップしてしまうことも少なくありません。また、一度ストップしてしまうと、復旧するのに一定の時間を要することがあり得ます。

ライフラインの中で、最も復旧が早いのは電気だといわれています。オール電化住宅は、電気が復旧すれば家の中のほとんどの設備が使えるようになります。

太陽光発電との相性が良い

オール電化住宅にすると同時に太陽光発電システムを導入すると、電気代が高い昼間の時間帯に、太陽光で電気の自家発電を行うことができます。

太陽光発電は導入に一定の費用がかかりますが、余った電力は売電することもできるため、長い目で見れば黒字化できるケースも多くあります。 

火災保険が割引になることがある

保険会社によりますが、オール電化住宅の場合、火災保険料に割引が適用されることがあります。オール電化住宅は、ガスを使う住宅よりも火災リスクが少ないためです。

割引の有無や適用条件は保険会社によって異なるため、内容は個別に確認してみてください。

家で生活する上で必須の火災保険料を削減できるのは、オール電化住宅にリフォームする大きなメリットであるといえるでしょう。

オール電化住宅にリフォームするデメリット

デメリットとしては、下記のようなものが挙げられます。

  • 電気代が高くなる場合もある
  • 調理器具が限定的である
  • 設置費用が高い
  • 停電時に不便なことがある
  • ガスに戻したい場合に手間がかかる

それぞれ詳しくみていきましょう。

電気代が高くなる場合もある

前述のように、オール電化住宅にすると、電気代の安い夜間の電力を活用できるため、電気代が節約できるメリットがあります。

逆に、日中の電気使用量が多いご家庭の場合は、電気代が高くなってしまう可能性があるため、注意が必要です。 

調理器具が限定的である

オール電化住宅のキッチンには、IHクッキングヒーターを設置します。IHクッキングヒーターは、ガラスや陶磁器など電気を通さない調理器具は使うことができません。

使える調理器具が制限される点は、デメリットの一つであるといえるでしょう。

また、IHクッキングヒーターは直火を使用しないため、例えば中華料理などのような、強い火力が必要な調理にはあまり適していません。そのため、人によっては物足りなく感じる可能性もあります。

設置費用が高い

オール電化住宅にリフォームする際は、IHクッキングヒーターやエコキュートなどの設備を揃えなければいけません。

IHクッキングヒーターは一般的にガスコンロより価格が高い傾向にあり、エコキュートを設置する場合には、本体にかかる費用だけでなく工事費用も発生します。

設備の設置費用が高額になる可能性がある点には、注意が必要です。

停電時に不便なことがある

オール電化住宅はすべての熱源を電気でまかないます。そのため、停電時にはすべての設備を使うことができなくなってしまいます。

ガスや灯油と併用している住宅の場合は停電時でもガスや灯油を使うことができますが、オール電化住宅にリフォームすると、停電時はほとんどの機器が使えません。停電時に備え、あらかじめカセットコンロやガスボンベなどを準備しておく必要があります。

ガスに戻したい場合に手間がかかる

オール電化にした場合、「やっぱりガスの方がいい…」となった時に、戻すのが大変だというデメリットがあります。

設備の取り替えはもちろん、ガスの配線工事なども新たに行わなければいけなくなるためです。

特に、新築でオール電化住宅を建てた後にガスにする場合は、大規模な工事が発生することとなるため、注意が必要です。

オール電化住宅にリフォームする際の事前準備

オール電化住宅にリフォームを検討する場合には、下記4つの点を事前に準備・確認しておきましょう。

光熱費をシミュレーションしておく

まずは現在の電気の契約プランを確認し、オール電化にした場合と比較しておきましょう。ガス代が圧倒的に安い場合などもあり、オール電化にすることが必ずしも節約になるとは限らないためです。

ライフスタイルや電気の使用頻度はご家庭によって異なります。オール電化にした後の光熱費をシミュレーションし、今の光熱費と比較検討することが大切です。

エコキュートのタンク容量を決めておく

エコキュートのタンク容量を事前にチェックしておくことも重要です。タンクの容量は、基本的には家庭の使用人数を目安として決定します。

しかし、将来的に使用する人数が増える場合もあるでしょう。家族構成を考慮しつつ、余裕をもった容量を選ぶことが大切です。 

設置場所を確認しておく

エコキュートは、貯湯タンクユニットとヒートポンプユニット双方のユニットを設置するスペースが必要です。

なかにはタンクの高さが2m以上のものもあり、設置の際は一定のスペースが必要となることがあります。

設備の使い勝手を確認しておく 

IHクッキングヒーターやエコキュートなど、設備の使い勝手を事前に確認しておくことも大切です。特にIHクッキングヒーターは、ガスコンロとは使い方が大きく変わるため、使いにくいと感じる方もいます。

また、エコキュートは貯湯式の給湯システムとなるため、タンクに貯めている以上のお湯が必要となった場合、お湯切れを起こしてしまうリスクもあります。

設備の使い勝手が異なることを事前に把握しておくことで、導入後に後悔するリスクを軽減できるでしょう。

まとめ

オール電化住宅の概要とメリット・デメリット、リフォームする際の事前準備についてまとめました。

オール電化住宅にリフォームするには、 IHクッキングヒーターやエコキュートの導入が不可欠です。夜間の電気をうまく活用できれば光熱費の節約にもつながるほか、火を使わないため、安全面でもメリットがあります。

リフォームする前には、光熱費のシミュレーションをしておく、エコキュートのタンク容量や設置場所を確認しておく、設備の使い勝手を確認しておくなどの事前準備が必要です。

オール電化にリフォームを検討していて不安なことがある方、気になることがある方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら

  • お気軽に無料相談
  • LINEで無料相談
  • お電話で無料相談