ガス給湯器からエコキュートへ交換できるの?工事費用や使用する際の注意点などをわかりやすく解説|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし ガス給湯器からエコキュートへ交換できるの?工事費用や使用する際の注意点などをわかりやすく解説

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年11月30日

ガス給湯器からエコキュートへ交換できるの?工事費用や使用する際の注意点などをわかりやすく解説

ガス給湯器からエコキュートへ交換できるの?工事費用や使用する際の注意点などをわかりやすく解説

ガス給湯器とエコキュートはお湯を沸かすための仕組みが全く異なる給湯器です。そのため、ガス給湯器からエコキュートへ交換するなら、工事内容や使用する際の注意点を知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、ガス給湯器からエコキュートへ交換する場合の費用や注意点などをわかりやすく解説します。エコキュートの寿命を長持ちさせるメンテナンスの方法も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

ガス給湯器からエコキュートへ交換できるの?

ガス給湯器からエコキュートへ交換することは可能です。ただし、ガス給湯器や石油給湯器が瞬間式給湯器に対して、エコキュートは貯湯式給湯器のため、交換する際にある程度の工事が必要になります。

瞬間式とは給湯栓を開くと同時に加熱しながら給湯するシステムのことを指します。水道水が水管部を通る際に加熱されてお湯になるので、湯切れが発生せず、水道水の水圧をそのまま利用できます。

一方、エコキュートはヒートポンプユニットが空気の熱を取り込んでお湯を作ると、貯湯タンクユニットで貯めておき、必要に応じて各所に給湯します。そのため、瞬間式給湯器と違って、貯湯タンクユニットを置くためのスペースが必要です。

ガス給湯器からエコキュートへ交換するための工事費用

ガス給湯器からエコキュートへ交換する場合は、工事費用のみなら15万円~20万円程度掛かります。主に、次のような工事を行います。

  • 既存設備撤去工事
  • 基礎工事
  • エコキュート設置工事
  • 配管工事
  • 電気工事
  • 処分作業

ガス給湯器からエコキュートへの交換は、瞬間式給湯器から貯湯式給湯器への交換になります。一般的にガス給湯器のような瞬間式給湯器は小型で、壁掛け設置の機種が多いです。

一方で、エコキュートはヒートポンプユニットがエアコンの室外機並みのサイズで、貯湯タンクユニットは貯湯容量が370Lの場合で、横幅630mm、奥行き760mmの正方形に近い形状をしており、高さは1820mmあります。

メーカーや機種によって貯湯タンクユニットのサイズは異なりますが、基本的に貯湯タンクユニットは大きい住宅機器です。満水時には500kg前後の重量となるため、設置個所によってはエコキュートの土台となる基礎工事も必要になります。

また、フルオートタイプのエコキュートは追い焚きが可能ですが、給湯の配管とは別に追い焚き用配管も設置します。前のガス給湯器が使用していた配管が利用可能なら再利用しますが、難しいようでしたら新たに壁に穴を開けます

そして、エコキュートは200V電源を必要としているので、分電盤から電源を引き込む工事も行います。ガス給湯器とエコキュートは違ったシステムの給湯器のため、必要な交換工事の数が多くなり、工事費用が高額になる傾向があります。

ガス給湯器からエコキュートへ交換するメリット

ガス給湯器や石油給湯器、電気温水器などの給湯器からエコキュートへ交換するメリットは、お湯を沸かすためのランニングコストを節約できることです。

エコキュートは空気の熱を取り込んで、お湯を沸かします。電気で動く給湯器という意味では電気温水器と同じですが、電気の力でヒーターを温める電気温水器と違い、空気の熱を利用するエコキュートは給湯に必要なエネルギーが少ないです。

次の表は、エコキュートと他の給湯器の年間ランニングコストを比較したものです。

エコキュート 電気温水器 石油給湯機 ガス給湯器
北海道電力エリア 約32,400円 約108,000円 約81,600円 約109,200円
東北電力エリア 約21,600円 約80,400円 約73,200円 約104,400円
北陸電力エリア 約20,400円 約82,800円 約72,000円 約118,800円
東京電力エナジーパートナーエリア 約24,000円 約102,000円 約67,200円 約78,000円
中部電力エリア 約24,000円 約99,600円 約68,400円 約87,600円
関西電力エリア 約20,400円 約86,400円 約64,800円 約81,600円
中国電力エリア 約22,800円 約91,200円 約68,400円 約112,800円
四国電力エリア 約26,400円 約126,000円 約67,200円 約99,600円
九州電力エリア 約18,000円 約78,000円 約66,000円 約108,000円
沖縄電力エリア 約10,800円 不明 約56,400円 約54,000円

実際のランニングコストは人数やお湯の使い方によって変動しますが、基本的にエコキュートに買い替えることで、大幅に節約ができます

ガス給湯器からエコキュートへ交換した場合の注意点

ガス給湯器からエコキュートへ交換した場合、使用する際に次のような注意点があります。

  • 料金プランを変更する
  • 湯切れのリスクが発生する
  • 定期的なメンテナンスが必要になる

上記の注意点を順番に解説します。

料金プランを変更する

エコキュートはお湯を沸かすためのランニングコストが大幅に節約できる給湯器です。ただし、エコキュートを導入すると、深夜に電気料金が安くなる料金プランへの変更が必要になります。

例えば、九州電力と契約中の方がガス給湯器からエコキュートへ交換した場合、「電化でナイト・セレクト」に変更します。次の表は「電化でナイト・セレクト」の料金単価をまとめたものです。

電化でナイト・セレクト 1kWhあたりの料金単価
夜間時間 13.21円/kWh
昼間時間(平日) 夏冬:26.84円/kWh
春秋:23.95円/kWh
昼間時間(休日) 夏冬:21.22円/kWh
春秋:17.82円/kWh

上記のような、電気料金が深夜は安く、昼間は高くなり、季節によって変動する料金プランのことを季節別時間帯別電灯契約と呼びます。エコキュートのランニングコストが抑えられる理由の1つに、電気料金が安い時間帯にお湯を沸かすことも挙げられます。

季節別時間帯別電灯契約は昼間の時間の電気料金が通常の料金プランの単価よりも高い傾向があります。つまり、日中に多くの電気を使用する家庭の場合、エコキュートを導入したことで、かえって電気料金が高くなってしまう可能性は考えられます。

日中の消費電力量が多い家庭は、エコキュートを導入する際に太陽光発電システムや蓄電池も導入して、日中の消費電力量を減らすことを検討してみましょう。

湯切れのリスクが発生する

ガス給湯器は瞬間式給湯器のため、お湯が必要な時に、必要な量だけを沸かして使用できます。そのため、お湯をどれだけ使用しても、湯切れが起きるリスクはありません

しかし、エコキュートは深夜にお湯を沸かして翌日以降に使用するため、お湯を使いすぎると湯切れが発生するリスクがあります。湯切れが発生するとお湯が使えなくなり、エコキュートの設定によっては電気料金が高い日中にお湯を沸かそうとします。

日中にお湯を沸かそうとすると、かえってランニングコストが高くなり、損をします。エコキュートを導入したら、アプリやリモコンユニットでお湯の消費量を確認しつつ、湯切れが起きないようにコントロールしましょう。

定期的なメンテナンスが必要になる

エコキュートの寿命は10年~15年と言われていますが、定期的なメンテナンスや点検を行った場合の寿命です。メンテナンスや点検を怠っていると、給湯効率が下がり、故障するリスクが高まります

エコキュートはランニングコストが大幅に節約できる給湯器ですが、他の給湯器に比べると本体価格や工事費用などの初期費用が高額です。

例えば、ガス給湯器からガス給湯器への交換は、機種にもよりますが本体価格と工事費用を合計すると15万円~25万円程度です。

しかし、ガス給湯器からエコキュートへ交換した場合、本社費用と工事費用を合計すると30万円~60万円程度は掛かります。

九州電力エリアでガス給湯器からエコキュートへ交換した場合、ランニングコストは年間約9万円節約できます。仮に、ガス給湯器とエコキュートの初期費用の差額を45万円とした場合、5年間で差額分は回収でき、以降は年間約9万円の節約効果を得られます

エコキュートの機種によっては差額がさらに広がる可能性もありますが、ガス給湯器からエコキュートへ交換して5年以上使用していれば、初期費用の差額を回収できる可能性は高く、寿命の10年までにある程度の節約を期待できます。

しかし、エコキュートのメンテナンスや点検を怠って故障してしまうと、初期費用の差額の回収は難しくなります。そのため、エコキュートを購入したら、メンテナンスや点検を行うようにしましょう。

エコキュートに交換した後にやっておきたいメンテナンス

エコキュートの寿命を伸ばすために必要なメンテナンスは以下の通りです。

  • 貯湯タンクユニット内の掃除
  • ヒートポンプユニットの水抜き
  • 給水口ストレーナーの掃除
  • 配管の清掃
  • 漏電遮断器の動作確認
  • 逃し弁の動作確認
  • 水漏れの点検

特に、貯湯タンクユニット内の掃除やヒートポンプユニットの水抜きは、次の手順で半年に1度のペースで行っておくと良いです。なお、メーカーや機種ごとにメンテナンスの手順や名称が異なる場合があるので、事前に確認をしましょう。

貯湯タンクユニット内の掃除

エコキュートの貯湯タンクユニットは密閉型で、お湯が空気と触れないです。また、内部のお湯は65度~90度の高温で維持されているので雑菌も繁殖しにくい環境なので、基本的には清潔です。

しかし、水道水に含まれるミネラルや不純物がタンク内部に沈殿し、水流に乗ると配管を詰まらせる原因になります。そのため、定期的に次の手順で、貯湯タンクユニットの排水栓からお湯を流して、ゴミを取り除きます。

    1. 貯湯タンクの下部の脚部カバーを取り外す
    2. 給水配管に付いている止水栓を閉める
    3.「逃し弁」カバーを開け、中に入っているレバーを引く
    4. 排水栓を開き、約1~2分間、水を出し続ける(高温が出る可能性があるので注意)
    5. 排水栓を閉じて、給水配管の止水栓を開ける
    6. 排水口から水があふれるようになったら、逃し弁のレバーを元に戻す

ヒートポンプユニットの水抜き

ヒートポンプユニットの配管も、水道水に含まれる不純物を取りぞくために水抜きをする必要があります。ヒートポンプユニットの水抜きの手順は以下の通りです。

    1. 機器側面にある「水抜き栓」を回す
    2. 約1~2分間排水させる
    3. 排水が終わったら水抜き栓を閉める

ヒートポンプユニットの水抜きは、栓を軽く緩める程度にして、内部の水を全て流さないように注意しましょう。

まとめ

以上が、ガス給湯器からエコキュートへ交換した場合の費用や注意点になります。エコキュートはガス給湯器と違い、貯湯タンクユニットを設置するためのスペースが必要になるため、本体価格とは別に工事費用が15万円~20万円程度かかります。

また、ガス給湯器とエコキュートは仕組みが違うため、使用する際の注意点も異なります。ランニングコストの大幅な節約は魅力的ですが、ガス給湯器からエコキュートへ交換する際は上記の注意点に気を付けましょう。

「エコ未来応援隊」は専門知識が豊富なスタッフが対応致します。エコキュートへの交換で疑問がございましたら、ぜひご相談ください。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら

  • お気軽に無料相談
  • LINEで無料相談
  • お電話で無料相談