ソーラーパネル×ポータブル蓄電池はメリット多数!電気を手軽に持ち運ぼう|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし ソーラーパネル×ポータブル蓄電池はメリット多数!電気を手軽に持ち運ぼう

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年10月8日

ソーラーパネル×ポータブル蓄電池はメリット多数!電気を手軽に持ち運ぼう

ソーラーパネル×ポータブル蓄電池はメリット多数!電気を手軽に持ち運ぼう

近年、電力ひっ迫の問題の影響もあり、電気の自給自足に興味を持つ人が増えてきています。

電気の自給自足に欠かせないソーラーパネルですが、パネルそのものに蓄電機能は備えられていません。例えば夜間に電気を使用する際には、太陽光発電で発生させた電力を貯めておく蓄電池が必要です。

今やアウトドア時でもスマートフォンなどの電子機器が手放せなくなってきており、電気はいつでもどこでもなくてはならないものになってきています。

そのような背景があり、最近では、ポータブル蓄電池にも注目が集まっています。電力ひっ迫の問題も重なり、ポータブル蓄電池を備える必要性はますます高まるといえるでしょう。

今回は、持ち運びのできるソーラーパネルとポータブル蓄電池について紹介します。

持ち運び可能なソーラーパネルと蓄電池

ソーラーパネルや蓄電池というと、自宅での電気の自給自足を想像する人もいるのではないでしょうか。

これらには、定置型のもの以外に持ち運びが可能なものもあります。それぞれ詳しくみていきましょう。

ソーラーパネル

ソーラーパネルは、太陽光を利用して電気を発電するための設備です。

多くは家の屋根に敷き詰めるタイプのものですが、その他、自由に持ち運べるポータブルタイプのパネルも販売されています。

持ち運びができるタイプのパネルであれば、屋根にソーラーパネルを設置できないマンションなどの集合住宅でも、ベランダを使って太陽光発電ができます。

持ち運び可能なソーラーパネルは、折りたたみタイプのものが一般的です。折りたたみタイプのものは、広げると大きなパネルになり、光を受ける面積も広くなるため、発電量も大きくなります。

普段は折りたたんで収納できますが、たたんでもある程度の大きさや重さがあるものが多く、持ち運びにはあまり向かないものもあります。 

また、ソーラーパネル自体は、電気を発電することはできても、それを蓄えておく機能は備えていません。

そのため、日中以外に太陽光発電で発電した電気を使いたい場合は、発電した電気を貯めておける蓄電池を組み合わせる必要があります。

ポータブル蓄電池(ポータブル電源)

蓄電池は、ソーラーパネルで発電した電気を貯めておけるものです。蓄電できる容量が大きければ大きいほど、蓄電池自体の大きさも大きくなる傾向があります。

家庭用蓄電池の中には、定置型の大きいサイズのものもあれば、持ち運びができるサイズのいわゆるポータブル蓄電池と呼ばれるものもあります。

ポータブル蓄電池はポータブル電源とも呼ばれ、定置型に比べて容量は小さいものの、持ち運びができ、キャンプなどのアウトドアで活躍します。

容量が小さいとはいっても、スマートフォンや携帯ラジオ、電気ポットなどに必要な電力であれば、十分にまかなえるほどです。

また、定置型の蓄電池はパワーコンディショナーなどを利用して電気の操作を行いますが、ポータブル蓄電池には、電気を使うためのコンセントやUSBポートが備わっています。

最近では、持ち運び可能ながら大容量のものも販売されており、ポータブル蓄電池があれば、いつでもどこでも充電できるようになってきています。 

ソーラーパネル×ポータブル蓄電池のメリット

ソーラーパネルとポータブル蓄電池を組み合わせる主なメリットは、下記のとおりです。

  • 自由に持ち運びができる
  • 定置型蓄電池よりも費用が安く済む
  • 電気代の節約になる
  • 災害時でも電気を使用できる

それぞれを詳しくみていきましょう。

自由に持ち運びができる

持ち運び可能なソーラーパネルとポータブル蓄電池のセットは、自由に持ち運びできる点が最大のメリットです。

 「キャンプなどのアウトドア時でも、ポータブル蓄電池だけがあれば十分なのではないのか」という声もありますが、持ち運べるソーラーパネルがあると、ポータブル電蓄電池の充電切れの心配をする必要がなくなります。

さらに、蓄電と発電がどちらもできるため、容量の小さいポータブル蓄電池であっても長時間使用できます。随時蓄電ができるので、複数の電化製品を使用する場合であっても、電源の減りを抑えることが可能です。

また、ソーラーパネルを車の上に乗せ、充電をしながら蓄電した電気を使って車中泊もできます。

自由に持ち運びができ、バッテリー残量をさほど気にせずに使える点は、さまざまなアウトドアシーンで大きな安心材料となるでしょう。 

定置型蓄電池よりも費用が安く済む

コスト面のメリットも無視できません。太陽光発電システムを導入する場合、通常であれば屋根にソーラーパネルを取り付けるための大規模な設置工事が必要です。

工事をするとなると、費用はもちろん、時間も多くかかってしまいます。

その点、持ち運びのできるソーラーパネルとポータブル蓄電池を採用すれば、工事の必要がありません。

操作も簡単で、本体が自宅に届いたその日から、手軽に太陽光発電を始められます。

電気代の節約になる

ソーラーパネルとポータブル蓄電池を組み合わせることで、太陽光が出ている日中に電気を発電し、それを蓄えておくことができます。

雨天時や曇天時などで太陽光発電がしづらい日でも、蓄電池に蓄えておいた電気を使用することが可能になります。つまり、ポータブル蓄電池は家庭用蓄電池と同じようにも使えるということです。

ソーラーパネルとポータブル蓄電池を組み合わせて使い、電気の‘自給自足’を進めることによって、電力会社から電気を購入することが減り、電気代の節約につながります。

ポータブル蓄電池の場合、家庭用蓄電池と比べるとどうしても電気代を削減できる割合は小さくなってしまうものの、それでも節約になる点はメリットといえるでしょう。

災害時でも電気を使用できる

ソーラーパネルと蓄電池の組み合わせで、蓄電池に貯めておいた電気を停電など不測の出来事が起こった際に使用できます。自然災害に悩まされることの多いエリアに住んでいる方にとっては、大きなメリットといえるでしょう。

災害発生で停電が生じた場合、停電が長期にわたることも最近では珍しくありません。その間も状況確認や情報を集めるために、テレビやラジオ、スマートフォンなどを使う必要がでてくるでしょう。

そんな時、ポータブル蓄電池に電気を蓄えていれば、災害時にも問題なく電気を使用できます。また、ソーラーパネルと組み合わせていれば、太陽光を使って新たに電気を発電し、それを使うことも可能です。

ソーラーパネルがあることで、災害時にもバッテリー残量を気にせずに電気を使用できるのです。

家庭用蓄電池のように数日分の電気を蓄えてはおけないものの、それでも災害時に有効活用できることは大きなメリットです。 

ソーラーパネル×ポータブル蓄電池の注意点

ソーラーパネルとポータブル蓄電池の組み合わせは、下記の点に注意が必要です。

  • 天候の悪い日は発電できない
  • ポータブル蓄電池には寿命がある
  • 容量によっては重さが気になる

それぞれみていきましょう。

天候の悪い日は発電できない

屋根に設置する本格的なソーラーパネルと異なり、持ち運びができるタイプのソーラーパネルは、完全防水タイプではないことがほとんどです。そのため、雨の日に外に出しておくと壊れてしまう可能性もあります。

発電の面でも、雨の日や天候の悪い日は日射量が少なくなり、発電量もその分少なくなってしまいます。持ち運びができても、天候の悪い日に発電できない点は注意が必要です。

また、風が強い日も同じように気をつけなければいけません。

一般的に、設置型のソーラーパネルはボルトなどでしっかりと屋根や架台に固定されているため、風で飛ばされる心配はほとんどありません。

持ち運べるソーラーパネルは、屋根設置のものに比べると簡易的なものです。風の強い日には、パネルが倒れて壊れてしまう可能性もあります。

風の強い日は、外に出しっぱなしにしておかないようにしてくださいね。 

ポータブル蓄電池には寿命がある

蓄電池は、充電と放電を繰り返すたびに劣化していきます。

ポータブル蓄電池のサイクル数は、300〜500回の充放電が一般的であるといわれています。

性能や使い方、使う頻度などにもよりますが、ポータブル蓄電池は5年ほどで寿命がきてしまう点には注意が必要です。

容量によっては重さが気になることも

ポータブル蓄電池は、一般的なモバイルバッテリーよりも比較的サイズが大きく、重さもあります。また、容量が大きくなる分、サイズや重さも大きくなる傾向にあります。

そのため、容量によっては大きさや重さが気になる場合もあるでしょう。

とはいえ、最近は大容量でありながらも持ち運びしやすくコンパクトな製品も多く販売されるようになりました。

ポータブル蓄電池は、目的やシチュエーションに合わせて容量を使い分けるということも可能です。大きさや重さが気になる場合は、使い分けを検討してみても良いかもしれません。

ソーラーパネル×ポータブル蓄電池の活用例

ソーラーパネル・蓄電池ともに普及が進み、近年ではさまざまな種類のソーラーパネルやポータブル蓄電池が販売されています。

実際にどのような使い方ができるのか、持ち運び可能なソーラーパネルとポータブル蓄電池の活用例を紹介します。 

自宅の庭やバルコニーで使う

休日の昼間など、のんびりと庭やバルコニーでカフェタイムを楽しむ際に活用できます。

もちろん、ソーラーパネルやポータブル蓄電池がなくても庭でのカフェタイムは楽しめますが、家の中でお湯を沸かすといった手間がなくなります。

ソーラーパネルとポータブル蓄電池があれば、電気ケトルを外で使えるだけでなく、気温の高い日には扇風機を外に持ってきて使うこともできます。自宅の庭やバルコニーでのカフェタイムが、より快適なものになるでしょう。

また、DIYを庭で行う場合にも、ソーラーパネルとポータブル蓄電池があれば、電動工具などを外で自由に使えます。延長コードを使用する必要もないため、片付けも簡単に済みますね。

日光が当たりさえすれば、ソーラーパネルはベランダや庭、バルコニーでも使えます。屋根にパネルを設置できないマンションやアパートに住んでいる方でも、上手に活用できますよ。

キャンプなどのアウトドアで使う

近年、「ソロキャンプ」などの言葉も聞かれるようになり、キャンプをする人が増えてきています。

何度もキャンプに行っている方であれば自分で火を起こして料理ができますが、キャンプ初心者やあまり経験がない方にとっては、難しい場面もあるでしょう。

そんな時、ソーラーパネルとポータブル蓄電池を持参すれば、卓上のIHクッキングヒーターや小型の炊飯器などを外で使うことができます。

外で電気を使って簡単においしい料理を作れれば、キャンプもより一層楽しくなるでしょう。 

まとめ

ソーラーパネルとポータブル蓄電池について、組み合わせるメリットや注意点、主な使い道について解説しました。

定置型の家庭用蓄電池に比べるとポータブル蓄電池の容量は小さいですが、自由に持ち運びができ、設置するための工事も必要ないため、手軽に導入できる点は大きなメリットです。

普段の生活からアウトドアシーン、災害時など、活用できるシーンは多岐に渡ります。なかでも、アウトドアをよく楽しむ方には特におすすめですよ。

ソーラーパネルとポータブル蓄電池の導入を検討している方、もっと詳しく話を聞きたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら