停電時の蓄電池の切り替え方!使えない時の原因&対処法と蓄電池の選び方|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし 停電時の蓄電池の切り替え方!使えない時の原因&対処法と蓄電池の選び方

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年11月17日

停電時の蓄電池の切り替え方!使えない時の原因&対処法と蓄電池の選び方

停電時の蓄電池の切り替え方!使えない時の原因&対処法と蓄電池の選び方

電気代の節約や災害時の停電対策として、導入する家庭が増えている家庭用蓄電池。

停電時は「自立運転モード」に切り替えることで、ご家庭の電気を使えるようになります。

しかし、いざ台風や地震などの自然災害で停電すると、操作方法が分からず戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

この記事では、停電時に蓄電池を「自立運転モード」へ切り替える方法についてまとめました。

停電時に蓄電池を使えない時の原因や対処法、蓄電池の選び方なども併せて紹介しますので、もしもの時の予備知識としてぜひお役立てくださいね。

 

停電時の蓄電池の使い方

蓄電池は、電力会社の電気系統と接続して直接電気をためる「連系運転」が通常の使い方です。

停電時は、自動か手動で「自立運転」へ切り替えることで、蓄電池にためた電気を家で使えるようになります。

いざ停電した際に慌てないように、あらかじめ切り替え方法を確認して、停電時にもスムーズに電気を使えるよう備えておきましょう。

「自動」と「手動」それぞれの運転切り替え方法について解説します。

「自動」で自立運転に切り替える

自動で自立運転に切り替わる設定にしている場合、停電を感知して数秒以内に、自動的に自立運転へ切り替わります。

ほとんどのメーカーの蓄電池は、出荷時に手動で「自立運転」へ切り替える設定になっているため、自動切り替えにしたい場合は、あらかじめ自分で設定しておく必要があります。

停電が解消したら、手動で「連系運転」へ切り替えましょう。

「手動」で自立運転に切り替える

手動で自立運転へ切り替える場合、室内リモコンを操作して、連系運転から自立運転へ切り替えます。

切り替え手順は、次の通りです。

  1. 主電源ブレーカーをオフ
  2. 太陽光発電ブレーカーをオフ
  3. 蓄電池用分電盤のスイッチを「蓄電池」へ切り替える
  4. マニュアルに沿って自立運転へ切り替える
  5. 自立運転用コンセントへ使いたい機器を接続
  6. 太陽光発電ブレーカーをオン
  7. 主電源ブレーカーをオン

この手順は機種によって異なる場合もあるため、詳しい切り替え方は、蓄電池の取り扱い説明書を確認してくださいね。

 

停電時に蓄電池が使えない?!考えられる原因と対策

停電時に蓄電池を使えない場合に考えられる、3つの原因と対策について解説します。

充電残量が少ない

電力残量が規定値よりも少ない状態で停電になった場合、安全のために蓄電池の運転は停止する仕組みになっています。

室内リモコンのモニターが真っ暗になっていたら、蓄電残量が極端に少ないかゼロになっていると判断しましょう。

万が一の停電に備えて、ためた電気をすべて使い切らずに、蓄電残量を常に確保しておく機能が搭載されている蓄電池もあります。

この機能を使う際は、蓄電池の残量下限を20〜30%に設定しておくとベストです。

電気の使いすぎ

蓄電池の最大出力よりも大きい出力の電化製品を使った場合や、一度に多くの電気を使って出力をオーバーした場合、蓄電池の運転は停止します。

蓄電池の自立運転モードでは、合計1,500Wもしくは2,000Wまで電気が使える場合が多いです。

停電時に使いたい電化製品の消費電力をあらかじめ把握しておくと、電気の使いすぎを防ぐことができます。

ご家庭で使う主要な電化製品の消費電力については、次の章で紹介していますので、参考にしてみてください。

特定負荷型分電盤のブレーカーがオフになっている

特定負荷型分電があるタイプの蓄電池は、特定負荷型分電盤のブレーカーが下がっていると、蓄電池にたまっている電気を使えません。

この場合、特定負荷型分電盤のブレーカーをオンにすることで電気を使えるようになります。

 

停電時に備えた蓄電池の選び方

日常生活ではほとんど起こらない停電ですが、台風や地震などの災害時に起こると、長期化しやすい傾向があります。

ここでは、停電時にしっかり備えられる蓄電池の選び方についてまとめました。

停電時に使いたい家電の消費電力を把握する

まずは、ご家庭に合った容量の蓄電池を選ぶために、停電時に使いたい家電の消費電力を把握しましょう。

主要な電化製品の消費電力の目安は、次の表の通りです。

シーリングライト 30~40W
冷蔵庫 200~400W
エアコン 1200W
テレビ 150W
電子レンジ 900~1500W
デスクトップPC 100~500W
洗濯乾燥機 150~1200W
IHクッキングヒーター(中火) 700W
ドライヤー 1200W
エコキュート 950~1500W

停電時に使いたい電化製品をリストアップして、必要な電力に応じて蓄電池の容量を選びましょう。

少し余裕をもって大きめの容量を選んでおくと、長時間の停電にも備えられるため安心です。

200Vに対応しているものを選ぶ

蓄電池には、「100V機器のみに対応しているもの」と「100V機器と200V機器どちらにも対応しているもの」があります。

停電時にIHクッキングヒーターやエアコン、エコキュートを使いたい場合は、200Vに対応している蓄電池を選びましょう。

200Vの家電機器は、100Vの家電機器と比べてハイパワーで、消費電力が大きい点が特徴です。

そのため、停電時に200Vの家電機器を使う場合は、蓄電池の容量がすぐに減らないように注意しながら使用しましょう。

電気を「家全体」と「特定の部屋」どちらで使うかで選ぶ

蓄電池は、停電時に家全体の電気を使える「全負荷型」と、特定の部屋のみで電気を使える「特定負荷型」の2種類のタイプがあります。

  • 全負荷型…停電時も全部屋で電気が使えるため、オール電化のご家庭に最適
  • 特定負荷型…特定の部屋のみで電気を使うため、長期間の停電に備えられる

停電時でも普段のように過ごしたい方や、太陽光発電システムを導入しているご家庭、二世帯家族のご家庭には、全負荷型の蓄電池がおすすめです。

停電時は最低限の電気を使えればいい方や、長期間の停電にも備えたい方は特定負荷型の蓄電池を選ぶとよいでしょう。

特定負荷型の蓄電池の場合、停電時に使いたい電化製品を、自立運転用コンセントへ接続する必要があります。

 

停電時にポータブル蓄電池は使える?

蓄電池には、家庭用として一般的な「定置式」の他に、持ち運びに便利な「ポータブル式」があります。

定置式蓄電池は、電力容量が大きく停電時に電気を安定的に使えることがメリットですが、ポータブル式の蓄電池も停電時に大いに役立つことをご存じですか?

ここでは、停電時のポータブル蓄電池の使い方について解説します。

ポータブル蓄電池は停電時のスマホ充電に役立つ

停電が発生した際、まず確保しておきたいのは、家族との連絡手段や情報収集源として欠かせないスマホの充電では。

ポータブル蓄電池は、スマホの充電やLEDライト、電気毛布や扇風機など、小型の電化製品を使用するのにぴったりです。

1,000Whの大容量のポータブル蓄電池なら、スマホ2台分の充電と電気毛布を連続で約8時間使うことができます。

ポータブルソーラーパネルと併用すれば、充電しながら繰り返し使うことも可能です。

最近では、ポータブル蓄電池を2台連結させて、エアコンや冷蔵庫など消費電力が大きい電化製品を使えるものも販売しています。

持ち運びできるため車中泊でも電気が使える

ポータブル蓄電池の最大のメリットは、持ち運びができる点です。

賃貸住宅やマンションにお住まいの場合、基礎工事を必要とする定置式蓄電池は、設置できない場合が多いですが、ポータブル蓄電池なら導入することができます。

さらに、自然災害時に避難所で車中泊する際にも、持ち運びできるポータブル蓄電池はおすすめです。

2016年に起きた熊本地震では、約48万世帯が停電し、約4割の方が車中泊を経験しました。

車中泊では、暑さ・寒さ対策が必須となります。

ポータブル蓄電池があれば、ミニ冷蔵庫で冷やした飲み物を飲めたり、電気毛布で暖を取ったりと、車中泊中も快適に過ごすことができるでしょう。

シガーソケット充電に対応しているタイプがおすすめ

ポータブル蓄電池の充電方法には、家庭用コンセント、ソーラーパネル、シガーソケットなどがあります。

この中でも、停電時におすすめなのは、シガーソケット充電に対応しているポータブル蓄電池です。

大容量のポータブル蓄電池なら、USBやDC、ACコンセントなどの出力源があるため、スマホの充電だけでなく、炊飯器や卓上IHコンロなどを使って調理も可能です。

長期間の停電時でも、シガーソケットで充電しながら、あらゆる電化製品を使うことができるでしょう。

 

太陽光発電との併用で停電対策はより万全に!

蓄電池は、単体で使うと「停電している間は充電できない」というデメリットがあります。

停電中、ためておいた電気をすべて使い切ったら、復旧するまで電気を使うことはできません。

そのデメリットを補うのが、太陽光発電システムと蓄電池の併用です。

蓄電池と太陽光発電をセットで使えば、昼間に太陽光発電で発電した電気を蓄電池にためて、夜にためた電気を使うことができ、より長期間の停電に備えることができます。

蓄電池と太陽光発電を併用する場合は、電力の変換効率が高いハイブリッド型を選ぶと、電気を無駄なく使えるためおすすめです。

 

まとめ

近年、台風などの自然災害による停電が増えています。

今や、私たちの生活に欠かせないライフラインである電気が使えないと、テレビで情報収取できなかったり、家族と連絡を取れなくなったりと、不安が大きい時間を過ごすことになるでしょう。

さらに猛暑日や極寒日には、命や健康をおびやかされるリスクもあります。

蓄電池は「自立運転モード」へ切り替えることで、停電時にも電気を使え、普段と変わらない生活を送ることが可能です。

今回の記事で、運転の切り替え方をおさらいして、いざと言う時に安心して過ごせるよう備えておいてくださいね。

 

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら