産業用蓄電池(大型蓄電池)の種類と施設での活用例・設置する際の注意点|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし 産業用蓄電池(大型蓄電池)の種類と施設での活用例・設置する際の注意点

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年12月23日

産業用蓄電池(大型蓄電池)の種類と施設での活用例・設置する際の注意点

産業用蓄電池(大型蓄電池)の種類と施設での活用例・設置する際の注意点

一般家庭で使う家庭用蓄電池はご存じの人も多いかと思いますが、産業用の蓄電池となると、事業の規模によっても異なるため、どのようなものか容易に想像がつかない人も多いのではないでしょうか。

家庭用の蓄電池も、容量の大きい「大容量タイプ」のものがありますが、それでも12kWhほどと、産業用の大型蓄電池に比べると小さいものです。

災害時にライフラインが遮断されると困るのは、一般家庭だけではありません。オフィスや工場・マンション・大型施設・倉庫などといった場所でも、万が一のために非常用電源の備えが必要です。

この記事では、産業用蓄電池の概要や種類、施設での活用例、設置する際の注意点について紹介します。

大容量の家庭用蓄電池との違いについてもあわせて紹介していますので、気になる人はぜひご覧ください。

産業用蓄電池(大型蓄電池)とは

産業用蓄電池とは、一般家庭以外の企業のオフィスや工場・公共施設・事務所や、ショッピングモールのような大型施設などで用いられる蓄電池のことをいいます。

消防法関連法令の基準をもとに、容量が規制対象(17.76kWh以上)になると、産業用蓄電池と定義されます。

家庭用蓄電池と同じように、東日本大震災をきっかけにその必要性が説かれるようになってきました。

例えば、病院などで災害時に万が一送電が停止してしまった時に一定の時間電力を供給する蓄電装置として備えられていたり、災害などでオフィスビル全体が停電してしまった時のサーバーの非常用電力として備えられていたりします。

蓄電池は災害時における非常用電源を主な利用用途としていますが、平常時の電力量平準化のために活用されることも多くあります。

さらに、太陽光発電システムなどの設備と連携することで、 再生可能エネルギーで発電した電気を自社で消費する「自家消費」が可能になり、企業や施設の省エネ効果が一層高まります。

小型の店舗などであれば10kWhほどの容量の蓄電池で十分なことが多いのですが、大型の施設となると、500kWh以上の容量が必要なこともあります。

そのため、産業用蓄電池は、家庭用蓄電池と比べて蓄電容量が大きいのが一般的です。

また、産業用蓄電池は、使用する電力の規模にあわせて蓄電容量を追加することも可能です。

産業用蓄電池の種類

産業用蓄電池として用いられる電池の種類には以下の4つがあります。

  • リチウムイオン電池
  • 鉛蓄電池
  • ニッケル水素電池
  • NAS電池

それぞれを詳しくみていきましょう。

リチウムイオン電池

リチウムイオン電池は、スマホやパソコンの他、家庭用蓄電池などにも用いられており、現在最も普及している電池です。CoやMnなどのリチウム含有金属酸化物、グラファイトなどといった炭素材、有機溶剤、リチウム塩から構成されています。

エネルギー密度が高く、設置面積を小さくできることや、寿命が10年程度と長い期間対応できるのが特徴です。

完全に密閉された構造となっており、電池を使用するときにガスが外に放出するのを防止できます。

他の蓄電池と異なり、充電の度に蓄電池の中に残った電力を放電する必要がないため、専用の放電機を買わなくて済むなど、コスト削減できる点もメリットです。

その一方で、金属酸化物などの原材料が高価であることから、価格が高いといったデメリットもあります。

鉛電池

充放電を繰り返し行える二次電池として最も古い、約150年前に発明されたのが鉛電池です。鉛、酸化鉛、希硫酸で構成されており、使用できる温度範囲も広いことから、自動車用のバッテリーとしても用いられています。

歴史が長く信頼性が高い他、比較的安価であることが特徴です。

しかし、エネルギー密度は小さく、高重量化してしまうといったデメリットもあります。

寿命は17年前後と他の電池に比べて長いものの、充放電回数が増えれば増えるほど性能は劣化していき、容量が下がっていくといった課題を持っています。 

ニッケル水素電池

宇宙開発の用途で作られたのがこのニッケル水素電池です。現在ではハイブリッドカーなどの車載用途で利用されています。水酸化ニッケル、水素吸蔵合金、濃アルカリ水溶液などの材料で構成されています。

使用できる温度の範囲が広いのはメリットとして挙げられますが、寿命が5〜7年程度と、他の電池と比べると短い点がデメリットです。

また、水素吸蔵合金には、産出量が少なく抽出が難しいレアメタル(希少金属)の一種であるレアアースが用いられているため、原料調達の面でも課題を持っています。

NAS電池

NAS電池はナトリウム硫黄電池のことで、日本ガイシ株式会社が実用化に成功したメガワット級の電池です。ナトリウム、硫黄、ファインセラミックで構成されています。

寿命は15年程度と比較的長く、価格も安価であることが特徴で、大型施設向けに大容量化もできます。

設置面積を少なくすることも可能で、電力の低下を瞬時に察知する機能も備わっているため、設備が完全に停止するのを回避できます。 

また、リチウムイオン電池には劣るものの、エネルギー密度が高いことも特徴です。

その一方で、運転時に300℃の高温が必要となることが、デメリットとして挙げられます。

産業用蓄電池の活用例

ここからは、病院・学校・企業オフィス・社会福祉施設においての産業用蓄電池の活用例を紹介します。

病院での活用例 −BCP対策として

病院では、災害などの緊急事態時に損害を最小限に留め、事業の継続・復旧を目標とする「BCP」対策として産業用蓄電池を活用できます。

災害時における初期救急医療体制の充実・強化を図るための医療機関である「災害拠点病院」の指定要件として、「通常の6割程度の発電容量のある自家発電機等を保有し、3日分程度の備蓄燃料を確保しておくこと」が定められています。

大規模な病院のほとんどはこの要件を満たしていますが、災害の多い昨今、すべての医療機関で自院の電気設備を今一度確認し、改めて対策を見直す意味は大きいと言えるでしょう。

停電が長期間にわたると、燃料が不足し発電機が使えなくなることもあり得ます。

燃料の必要がない太陽光発電システムと蓄電池を導入しておけば、停電時でも電源の供給が可能になります。

学校での活用例 災害時の避難場所や防災拠点

学校は文部科学省の推進もあり、産業用蓄電池の導入が比較的進んでいます。

災害時には学校や公民館の他、福祉施設なども避難所となる可能性があり、学校以外の施設でも、災害時の対策として、再エネ設備や蓄電池の導入が検討されています。

学校に産業用蓄電システムを導入すると、災害時の避難所として必要な照明や空調、スマートフォンの充電などを始め、給水設備などの機器にも使用できます。

また、学校に産業用蓄電池や太陽光発電を導入することは、環境教育の一環としての活用もあわせて期待できます。

企業オフィスでの活用例 非常時の業務継続

近年、自然災害によって必要な機能を維持できなくなる企業やオフィス事業所が見受けられます。

機能が停滞してしまうことで、経済的な損失はもちろんのこと、企業のブランドイメージにも影響を与えかねません。

万が一停電した場合に備え、サーバーの情報を守るため、または通信手段を確保しておくために、非常用電源として蓄電池を採用する企業が増えてきています。

電気を蓄電池に貯蔵しておけば、非常時緊急時にも電源の確保が可能になります。

オフィスに蓄電池を導入することで、災害時の電源確保ができ、事業の早期復旧・業務継続につながります。

社会福祉施設での活用例 入居者の安心・安全の確保

少子高齢化社会を迎えた日本では、介護施設などの社会福祉施設の需要がより一層高まり、社会的な重要性も増しています。

要介護者や介助が必要な入居者の多い施設で、万が一の停電のために、施設内の照明や電動ベッド、簡易的な医療機器などを動かすための非常用電源を備えておくことはとても重要です。

産業用蓄電池を導入することで、燃料備蓄の心配もなく、入居者やそのご家族の安全・安心を確保する設備や機器のバックアップが可能になります。

産業用蓄電池を設置する際の注意点

産業用蓄電池を設置する際の注意点として、あらかじめ設置スペースを確保しておくことが挙げられます。

産業用蓄電池は、家庭用に比べて非常に大きな熱を発するため、排熱のための通気経路や設備が必要な場合があります。 

また、蓄電池を屋外に設置する場合、本体を守るための建屋の検討が必要となることもあるでしょう。

建屋を新たに設置する場合は建築物とみなされ、役所に申請を出す場合もあります。

このような注意点を考えると、家庭用蓄電池とは大きく違いがあることが分かりますね。

大容量の家庭用蓄電池との違い

産業用蓄電池と家庭用蓄電池の大きな違いは容量です。

メーカーによっても大きく変わりますが、家庭用は最大でも5〜7kWhほどで、産業用となると、最低でも15kWhからとなり、容量の違いは明確でしょう。

その他、出力や使用できる機器などにも違いがあります。

しかし、最近では家庭用・産業用の区別は明確にはなく、臨機応変に使用できる蓄電池が増えてきています。

まとめ

産業用の大型蓄電池の概要と電池の種類、施設での活用例、設置する際の注意点について紹介しました。

特に、施設での活用例においては、具体的な活用イメージが広がったのではないでしょうか。

産業用蓄電池は、太陽光発電システムとの併用によってさらに有効的に活用できます。

産業用の蓄電池の導入を検討される場合は、太陽光発電システムもぜひあわせてご検討ください。

 

下記の記事では、産業用蓄電池の価格やメリット・デメリット、導入費用を抑える方法について紹介しています。

こちらもぜひご覧ください。

産業用蓄電池の価格はいくら?メリット・デメリットまとめ|導入費用を抑える方法3つ!

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら

  • お気軽に無料相談
  • LINEで無料相談
  • お電話で無料相談