【電気自動車は太陽光発電がおすすめ】安く電気自動車を導入する方法|エコな暮らし|エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊




メニュー 閉じる

エコキュート・蓄電池・太陽光発電のエコ未来応援隊 エコな暮らし 【電気自動車は太陽光発電がおすすめ】安く電気自動車を導入する方法

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

2022年4月12日

【電気自動車は太陽光発電がおすすめ】安く電気自動車を導入する方法

イラスト 電気自動車

近年では、環境問題への懸念から欧州を中心に世界中で電気自動車のシェアが拡大されています。
また、日本においても電気自動車のシェアは拡大しており、近い将来は自家用車の主流がガソリン車から電気自動車へとシフトする可能性も考えられるでしょう。それに伴い、電気自動車の購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

電気自動車を検討される方の中でも、よく迷ってしまうポイントとして挙げられるのは、電気自動車の充電方法です。
電気自動車を購入した場合、街中で見かける充電スタンドで充電するのか、自宅に充電設備を導入するのか、どちらの方が安いのか気になる方も多いと思われます。

そこで以下では、電気自動車の一般的な燃料費や、太陽光発電で電気自動車を充電するメリットやデメリット、太陽光発電システム設置の初期費用を安くする方法などまで、詳しく解説していきます。

電気自動車の導入を検討されている方などはぜひ、参考にしてみてください。

太陽光発電と相性の良い電気自動車は2種類

車 電気自動車 充電スタンド 充電

はじめに、太陽光発電で作った電力を利用して充電できる車の種類を見ていきましょう。

電気自動車:EV編

EVとは電気自動車のことを指す言葉で、太陽光発電で作った電力を利用して充電し、走行することが可能です。

しかし、ここで注意しておかなければならないのが一般的なEVとは電動車両すべてを指す言葉なので、電気とガソリンで走る「HV(ハイブリッド車)」や「FCV(燃料電池自動車)」もEVとして含まれるということです。

電気自動車と呼ばれる電気とモーターのみで動く車両は、正確には「BEV(Battery Electric Vehicle略)」に分類されます。

基本的には「電気自動車=EV」で問題ありませんが、HVやFCVは電気のみで走行できる訳ではありませんので、注意しておきましょう。

電気自動車:PHV編

PHVやPHEVと呼ばれる、「プラグインハイブリッド車」も太陽光発電で作った電力を利用し、充電することが可能です。

PHV(プラグインハイブリッド車)もHV(ハイブリッド車)同様、電気とガソリンを併用して走行していますが、PHVはバッテリーを外部から充電できることが特徴になります。

ちなみに、HVはエンジンを利用して発電し、その電気をバッテリーに貯めてモーターの駆動力としているため、外部からの充電は不可能となります。

電気自動車を太陽光発電で充電すると燃料費はお得になる?

ガソリン車と比較した場合、電気自動車の方が燃料費が安くなるのは理解されている方も多いとは思います。
しかし、街でよく見かける充電スタンドと、太陽光発電を使用して自宅で充電した場合はどちらがお得か?ご存知の方は少ないのではないでしょうか。

結論から言いますと、太陽光発電で作った電力を利用して充電した方が、断然お得になります

太陽光発電で充電した電気は通常、自宅の電気代に使用して余った分は電力会社が買い取ってくれます。
そして、売電したお金でガソリンを購入し、燃料費や生活費をカバーしているといった方も珍しくないでしょう。

しかし、近年では売電価格が下がっているため、売電するよりも電気自動車の充電に使用した方がお得になる場合が多いのです。
電気自動車の多くは、1回の充電で約200km〜600kmほど走行することができますが、街の充電スタンドでの充電一回につき400円〜600円ほど掛かってしまいます。
さらに、電気会社によっても異なりますが、自宅で充電する場合でも一回の充電には約500円ほど掛かるとされています。

ですが、太陽光発電を利用して自宅で充電することによって、この費用も節約することが可能となります。
そのため、走行距離が多い場合は長い目で見れば、初期費用を考えても太陽光発電で電気自動車を充電した方がお得と言えるでしょう。

自宅で電気自動車を充電する充電設備

電気自動車 家 家庭内充電

次に、自宅で電気自動車を充電する設備には、どのようなものがあるのか詳しく見ていきます。
自宅で充電できる充電設備には、高価なものから簡単なものまで様々です。

以下で、主な充電設備を紹介していきます。

コンセントタイプ

充電設備の中でも、設置工事が簡単なものはコンセントタイプです。
EVに搭載されている充電ケーブルをコンセントに取り付けて充電します。
毎回ケーブルを取り付ける手間は掛かってしまいますが、コストが低いのがコンセントタイプの魅力です。

分電盤からのケーブルの長さによっても多少異なりますが、製品・工事費用を合わせて10万円前後が目安とされています。

壁掛けタイプ

壁掛けタイプは充電設備と充電ケーブルが一体になっているため、いちいち車載のケーブルを取り出す必要がありません。
壁掛けタイプには、より早く充電できる高出力タイプもあるので、高出力充電器に対応している車種なら比較的早く充電できるでしょう。

そのため、コンセントタイプよりは少し高価になり、製品・工事費用を合わせて20万円前後が目安とされています。

スタンドタイプ

スタンドタイプは、コンビニの駐車場などに設置されていることが多いのですが、自宅にも設置できます。
壁掛けタイプ同様、充電ケーブル一体型が多く、課金機能など機能の追加にも対応しているため、会社などへ設置する場合に重宝されています。

製品・工事費用を合わせて20万円前後が目安とされています。

その他のV2H

V2Hとは「Vehicle to Home(ヴィークル・ツー・ホーム)」の略で、車に蓄えた電力を自宅で使用することも可能になるシステムです。

電気自動車を蓄電池として再活用できるシステムで、停電時や災害時などの電源として、電気自動車を使用することが可能になります。

充電時間も短く、自宅で使用する昼間の電気を、夜間の間に電気自動車に充電しておけば電気代が節約できるなど、メリットが多いのが特徴ですが、そのぶん導入費用は高くなります。

製品・工事費用を合わせて80万円前後が目安とされていますが、長い目で見ればお得になるので非常におすすめです。

太陽光発電の電力を利用して電気自動車を充電するメリット

電気自動車 白い 充電

続いて、太陽光発電で作った電力を利用して電気自動車を充電するメリット・デメリットを見ていきましょう。

自動車の燃料費が安くなる

電気自動車はガソリン車と比べると、燃料費がかなり安くなります。
2022年3月現在の全国平均のガソリン価格はレギュラーで約168円です。

これは、1ℓあたり15km走る自動車だと100km走行するのに1,118円掛かる計算になります。
しかし、電気自動車を一般的な電力価格の6km/kWhで計算すると、100km走行するのに掛かるお金は333円〜500円(20円〜30円/kWhで試算)となるので、かなりお得になるということが分かります。

燃料費がこれほど安くなることは、太陽光発電で電気自動車を充電する大きなメリットと言えるでしょう。

太陽光発電の蓄電池としても使用できる

V2Hと併用した場合、電気自動車を太陽光発電の蓄電池としても活用することができます。

また、V2Hを蓄電池として活用する場合、一般的な家庭用蓄電池よりも容量が大きくなることも特徴です。
一般的な家庭用蓄電池と小型の電気自動車で比較しても、約5〜10倍の電気を蓄電することができるので、停電時や災害時にその分長い時間の電力を確保できるようになります。

環境保全に貢献できる

EVはガソリン自動車と違い、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出がありません。
また、電気とガソリンを併用するHVやPHVもガソリン自動車に比べて、二酸化炭素の排出量を削減することが可能です。

そのため、太陽光発電で電気自動車を充電することで環境保全に貢献できるということにもなります。

太陽光発電の電力を利用して電気自動車を充電するデメリット

電気自動車 充電方法

ここでは、デメリットの方もきちんと見ていきましょう。

急速充電と比べると充電に時間が掛かる

街中でよく見かける充電スタンドなどの充電設備には、急速充電の機能が備わっている場合がほとんどです。
それに対して、太陽光発電を利用した自宅用の充電設備は、普通充電の設備になっていることの方が多いようです。
普通充電の設備でも充電するのに何も問題はありませんが、充電に時間が掛かってしまいます。
家庭での充電ではどうしても時間がかるため、頻繁に車を乗る人とってはデメリットと言えるでしょう。

頻繁に車を乗る人は、急速充電の機能導入を検討してみましょう。
費用はかかりますが、太陽光発電を使用した家庭用の充電設備でも高電圧が使用できるように工事することで、急速充電が可能になります。

充電スタンドやV2H機器設置の初期費用が掛かる

太陽光発電を使用した充電スタンドや、V2H機器を設置するのに初期費用が掛かってしまいます。
現在主流となっている費用は、製品だけでも40万円〜で、工事費用を合わせると80万円前後が目安になるので、決して安い買い物という訳ではありません。

長い目で見ればお得になるとはいえ、初期費用が高額なことはデメリットとも言えるでしょう。

V2H機器の設置場所が限定される

V2Hは電気自動車と自宅の中間位置に設置されている場合が多く、設置するにはスペースも必要となります。
そのため、設置場所が限定されてしまい、ガレージに設置する場合などは駐車スペースも狭くなってしまいがちです。

V2H機器はシステムの性質上とはいえ、設置場所が限定されてしまうことは、自宅充電のデメリットにもなりえます。

太陽光発電システム設置の初期費用を安くするには?

イラスト お金 貯金

最後に、太陽光発電システムを設置する初期費用を安くする方法を紹介します。

メリットも多い太陽光発電システムですが、設置に掛かる初期費用は決して安いとは言えません。
太陽光発電のメリットを最大限に活かすためにも、コストを抑えるポイントを把握しておきましょう。

必ず相見積もりを取る

製品の購入や設置工事を依頼する際には、必ず数社から相見積もりをとるようにしましょう。
めんどくさいからといってそのまま契約を済ませてしまうと、実は思いのほか費用が割高だったということも考えられます。

製品の購入や設置工事を依頼する際には、少なくとも2〜3社から相見積もりを取り、適正価格で購入することを心掛けましょう。
中には、他の業者にも依頼していることで値引きを行ってくれる業者もあるので、手間を惜しまずできるだけ多くの業者に見積りを依頼することをオススメします。

補助金制度を使用する

V2Hの購入は、省エネなど環境保全に貢献できるシステムであることから、一定の条件を満たせば国や自治体から交付される補助金制度を使用することができます。
国にV2H導入の補助金を申請する場合、経済産業省と環境省のどちらかに申請することが可能です。

交付される補助金額の上限は経済産業省も環境省もそれぞれ同額で、V2H機器の購入費が上限75万円、設置費用が上限40万円となります。

交付される補助金額や、交付条件はそれぞれで異なるので事前に各機関に確認しておきましょう。

また、補助金の申請ができるのはどちらかのみになります。
経済産業省と環境省の両方から補助金を受給することはできませんので、注意が必要です。

さらに、地方によっては自治体で独自の補助金を交付している場合もあります。

多くの場合、自治体の補助金に関しては経済産業省や環境省の補助金と併用することができるので、交付される場合はこちらも必ず活用しましょう。
ただ、補助金額や交付条件は地方によって異なるので、居住地域の自治体への確認が必要です。
補助金の申請と聞くと難しいと感じる方も多いかも知れませんが、設置を請け負う施工業者が代行してくれることも珍しくないので、太陽光発電を導入する際に相談してみると良いでしょう。

まとめ

今回当記事では、電気自動車にまつわる太陽光発電システムについて、わかりやすく解説してきました。

電気自動車を充電するにあたって、太陽光発電は長い目で見ればお得になる場合が多いです。
また、高額のイメージがある初期費用についても、補助金の活用などでコストを抑えることが可能となります。

電気自動車の購入を検討されている方は、ぜひ相見積もりや補助金を活用しつつ、生活に合った電気自動車のある生活を実現ください。

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
施工品質に自信有!

エコキュート・蓄電池・太陽光発電の故障、買い替えならエコ未来応援隊!

安心、安全、快適な住空間つくりのために、これまでの豊富な経験と独自のネットワークを活かし、商社・施工店との連携により、全国網での施工を行いお客さまのニーズに対応いたします!

東北地域の施工センター

  • 青森施工センター(青森県八戸市沼館)
  • 十和田施工センター(青森県十和田市)
  • 岩手施工センター(岩手県盛岡市川目町)
  • 宮城施工センター(宮城県仙台市若林区)
  • 名取施工センター(宮城県名取市)
  • 秋田施工センター(秋田県秋田市寺内)
  • 福島施工センター(福島県郡山市鳴神)
東北地域密着!対応地域
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

関東地域の施工センター

  • 茨城施工センター(茨城県稲敷郡)
  • 群馬施工センター(群馬県高崎市)
  • 伊勢崎施工センター(群馬県伊勢崎市)
  • 前橋施工センター(群馬県前橋市)
  • 埼玉施工センター(埼玉県川越市)
  • 埼玉南施工センター(埼玉県八潮市)
  • さいたま施工センター(埼玉県さいたま市)
  • 戸田施工センター(埼玉県戸田市)
  • 千葉市施工センタ(千葉県千葉市若葉区)
  • 千葉施工センター(千葉県千葉市稲毛区)
  • 船橋施工センター(千葉県船橋市)
  • 東京施工センター(東京都千代田区)
  • 東京北施工センター(東京都足立区)
  • 八王子施工センター(東京都八王子市)
  • あきる野施工センター(東京都あきる野市)
  • 横浜施工センター(神奈川県横浜市瀬谷区)
  • 神奈川施工センター(神奈川県大和市)
関東地域密着!対応地域
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

中部地域の施工センター

  • 新潟施工センター(新潟県新潟市)
  • 山梨施工センター(山梨県中央市)
  • 長野施工センター(長野県長野市)
  • 富山施工センター(富山県富山市)
  • 石川施工センター(石川県野々市市)
  • 金沢施工センター(石川県金沢市)
  • 福井施工センター(福井県福井市)
  • 岐阜施工センター(岐阜県羽島市)
  • 静岡施工センター(静岡県浜松市)
  • 富士施工センター(静岡県富士市)
  • 名古屋施工センター(愛知県名古屋市中村区)
  • 愛知施工センター(愛知県あま市)
  • 三重施工センター(三重県津市)
中部地域密着!対応地域
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県

関西地域の施工センター

  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)
関西地域密着!対応地域
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県

中国地域の施工センター

  • 鳥取施工センター(鳥取県鳥取市)
  • 松江市施工センター(島根県松江市)
  • 岡山施工センター(岡山県岡山市)
  • 津山施工センター(岡山県津山市)
  • 倉敷施工センター(岡山県倉敷市)
  • 岡山市施工センター(岡山県岡山市中区)
  • 岡山東施工センター(岡山県美作市)
  • 広島施工センター(広島県広島市西区)
  • 山口施工センター(山口県山口市)
中国地域密着!対応地域
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

四国地域の施工センター

  • 香川施工センター(香川県高松市)
  • 愛媛施工センター(愛媛県松山市)
  • 高知施工センター(高知県高知市)
四国地域密着!対応地域
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

九州地域の施工センター

  • 福岡センター(福岡県福岡市)
  • 北九州センター(福岡県北九州市)
  • 久留米センター(福岡県久留米市)
  • 飯塚センター(福岡県飯塚市)
  • 春日センター(福岡県春日市)
  • 筑紫野センター(福岡県筑紫野市)
  • 大野城センター(福岡県大野城市)
  • 大牟田センター(福岡県大牟田市)
  • 佐賀センター(佐賀県佐賀市)
  • 唐津センター(佐賀県唐津市)
  • 長崎センター(長崎県長崎市)
  • 佐世保センター(長崎県佐世保市)
  • 諫早センター(長崎県諫早市)
  • 熊本センター(熊本県熊本市)
  • 八代センター(熊本県八代市)
  • 大分センター(大分県大分市)
  • 別府センター(大分県別府市)
  • 宮崎センター(宮崎県宮崎市)
  • 都城センター(宮崎県都城市)
  • 延岡センター(宮崎県延岡市)
  • 鹿児島センター(鹿児島県鹿児島市)
  • 霧島センター(鹿児島県霧島市)
  • 鹿屋センター(鹿児島県鹿屋市)
九州地域密着!対応地域

エコ未来応援隊とは・・・

信頼と自信の証

全国で工事対応!
無料見積り受付中、
他社相見積り歓迎!

エコ未来応援隊は中間業者を減らしてマージンカット

『エコ未来応援隊』では、仲介業者を減らし、家庭用蓄電池を大量に仕入れることで
メーカー正規品を激安特価でご提供しております。
他店に負けない価格と業界に精通した商品知識豊富な専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。
トータルコストを安くするなら、『エコ未来応援隊』へぜひお問い合せ下さい!

多くのお客様に
お喜び頂いております!

お客様の声
一覧はこちら